低カリウムEFBペレットの開発

日本市場への低カリウムEFBペレット本格上陸の実現!!

エネ庁のバイオマス燃料に関する二つの基準は、①安定供給と②持続可能性の確保です。

①安定供給について

当社の扱うEFBペレットはマレーシアにおける上場企業の化学メーカーが、大手パームオイルミル構内に生産ラインを設置し、ミルから日々副産物として安定的に、大量に産出されるEFBを活用することで、材料の安定供給を可能としています。特に、大量の出荷に対しては、輸出港から遠くないパームミルの集結している地域を選定し、EFBの提供契約を複数のミルと結び、EFB生産ラインをそれぞれ設置し、大量のEFBペレット生産供給体制を可能とします。
生産されたEFBペレットは、専用運搬トラックで港の倉庫に順次搬入され、スムースな貨物船への積み込みを実現します。

②持続可能性について

当社の取り扱うEFBペレットは、上述のようにマレーシアにおける大手パームオイルミル内に設置されたペレット製造ラインで生産されます。そして、そのパームミルに納入されるFFB(EFBの元となる)は、そのミルが経営するパーム農園からの直接の仕入れです。
要は、出どころが明らかな原料のみを使いますので、将来エネ庁へ説明する際にも、持続可能性の基準をクリアーしていることを説明できる材料です。

③コストについて

コスト力があるということは、まずもって、木質ペレットに代わる新しい材料となり発電所の経営に貢献する可能性があることを意味します。市場に左右されやすく、且つ、長期調達契約では10年15年の高価格の購買契約をすでに結んでいるカナダ産、ベトナム産などの木質ペレットの価格が将来2割3割下がるとは考えにくい状況にあります。 そのような中、木質ペレットと同等の性能を有する、低カリウムEFBペレットの登場は、長期的にも日本の多くのバイオマス発電所の経営改善に貢献するものと思われます。

これまで

低カリウムEFB
これまでは、膨大な量のEFBが殆ど活用されず廃棄されていました。理由はEFBが塩基成分を多く含み、それが燃焼ボイラー内部にクリンカーと呼ばれる塊を焼成しボイラーを痛めてしまうからです。ボイラーは大変高価で繊細な装置であり、また、クリンカー掃除のためボイラーを停止させることは発電の経営に大変な損害となります。

新技術でカリウム除去

低カリウムEFBペレットの開発と量産化に成功!

SGS値
これまで、何社もがEFBの燃料化を行ってきました。実際、マレーシアにおけるバイオマスサプラーヤーで、EFBペレットを供給できると言っている会社も、基本的にカリウムは除去せず、単にEFBの粉砕~乾燥~ペレタイズ加工したEFBペレットが殆どです。 それらのカリウムを多く含むEFBペレットですら、FOBマレーシア価格が決して安くない価格を提示しており、日本の燃料調達商社さん、バイオマス発電所さんがマレーシアで調査し、カリウムを多く含み、価格も合わないとあきらめて来られたケースが多くあります。しかも、それらサプラーヤーの高カリウム・EFBペレットですら供給量が大変に不安定且つ低い生産能力しかありませんでした。 しかし、当社がご紹介するEFBペレットは、マレーシアの化学メーカーが長年の自社研究の末、大型の生産パイロットラインで度重なる実験の結果、ついに、低カリウム・EFBペレットの量産化に成功しました。左図のように、カリウム 1500ppm以下、Net熱量4200kcal/kg以上の量産化は可能となりました。

木質ペレットに替わる可能性!

木質ペレットに替わる可能性
バイオマス燃料の持続可能性の証明が容易なカナダ産、ベトナム産の木質ペレットは今後ますます価格が高騰すると予想されます。もちろんバイオマス発電所様の中には、長期契約でそれらペレットの供給契約をされていらっしゃる場合も多くありますが、コストの内燃料費が大部分を占めるバイオマス発電事業において、将来の経営安定をふまえ、より安価で安定した供給の燃料の確保は必至であると思われます。経産省エネルギー庁さまの最重要の指針は、「FIT後の自立」ができることを要としています。 木質ペレット供給元が更なる値上げを要望してくるリスクを考えると、このEFBペレットは、長期安定した供給とコストを御提供できるものです。
お問合せ・お見積もりはこちら