biomassjapan

バイオディーゼル燃料(BDF)に関するご相談は
03-6912-8101

最終更新日: 2017年8月21日

バイオディーゼル燃料(BDF)のQ&A

バイオディーゼル導入検討時の疑問をFAQにまとめました。

  • ホームアイコン
  • 矢印
  • BDFのQ&A

文字サイズ

ページトップへ

バイオディーゼル燃料導入時のよくあるQ&A  初めての方でもご安心ください

Q1. 廃食油は集まりますか?
集まります。 運送会社さん等は機動力を生かして地元商店街などから月に3,000L程度集めているところが多いです。また地域によりますが、こちらで食品メーカーなどの廃食用油をお分けできる場合があります。
Q2. バイオディーゼルプラントの価格はいくら位でしょうか?
一般に、アルカリ触媒法で1バッチ100L程度の量の廃食油から生産するバイオディーゼル製造装置が350万円~700万円程度です。ただし、湿式(洗浄水洗い法)、乾式(水洗い工程なし)などの製法により価格が違います。また、メタノールの回収装置、触媒の撹拌装置などの有無により価格が異なります。
Q3. バイオディーゼル燃料製造に必要なものは何ですか?
原料である廃食用油、触媒の苛性カリ(もしくは苛性ソーダなど)、メタノール(全体処理量の20%程度)、バイオディーゼル精製装置。
湿式(洗浄水洗い法)の場合は、上記以外に給湯器、排水処理設備。乾式の場合は、不純物を除去する薬剤が必要となります。
薬剤等バイオディーゼル製造に必要なものはすべてこちらで揃いますので大丈夫です。
Q4. バイオディーゼル燃料精製にかかるランニングコストはいくら位でしょう。
一般的な小型の製造装置でバイオディーゼル燃料を製造する場合のランニングコスト(バイオディーゼル燃料1リットル当たりのコスト)は、@25~30円/Lです。この中には、製造するための電力、薬剤(メタノールや苛性カリなど)などが含まれています。含まれていないのは原料コスト(廃食用油)、製造装置の減価償却費、人件費などです。ただしバイオディーゼル燃料の製造にはそれほど手間(人の手)はかかりません。
廃食用油回収条件・地域・その他のエネルギー価格などにより変動しますので、事前にご相談ください。
なお、歩留は90%程度です。(反応条件、原料により左右されます)
Q5. 副産物の廃グリセリンの処理は?
地域にもよりますが、こちらで処分させて頂きます。廃グリセリンの成分によっては引取れない場合もあります。事前に相談ください。
Q6. どんな油でも原料になりますか?
菜種油、オリーブ油、ひまわり油、大豆油などの廃食油が一般的に使われています。ラードなどの動物性や植物油でもパーム油などが混入している場合には低温流動性の問題から注意が必要です。事前にご相談ください。
Q7. バイオディーゼル燃料の場合 税金はどうなりますか?
バイオディーゼル燃料100%(B100)の場合、軽油引取税@32.1円はかかりません。
バイオディーゼル燃料5%+軽油95%(B5)の場合、軽油引取税@32.1円がかかります。ご注意ください。
Q8. バイオディーゼル燃料を導入した場合、CO2はどれくらい削減できますか?
バイオディーゼル燃料はカーボンニュートラルでCO2ゼロカウントですので、1日500Lのバイオディーゼル燃料を車両(ボイラーなど)に使用すると、年間約393トンのCO2が削減できます。
変更前:2.62kg-CO2/L(軽油のCO2排出原単位)×500L×300日=393トン-CO2
変更後:0.00kg-CO2/L(BDFのCO2排出原単位)×1L(BDF使用量)=0.00kg-CO2
Q9. バイオディーゼル燃料製造で削減したCO2を売買できますか?
経済産業省の「国内クレジット制度」、環境省の「オフセット・クレジット(J-VER)」で売買することができます。
経済産業省の「国内クレジット制度」への申請は、こちらでフォローしております。ご相談ください。
Q10. バイオディーゼル燃料使用時の車両整備の注意点は?
バイオディーゼル燃料100%(B100)の場合、法定点検に加えて、以下のような点検が必要です。
毎日の使用前に、燃料配管等からの燃料漏れが無いかやエンジンオイル量を確認し、エンジンオイルへのバイオディーゼル燃料の混入がないかなどの点検をしてください。
3ヶ月毎に燃料エレメントの状況、燃料配管や噴射ポンプ装置関係からの燃料漏れやにじみの有無、排出ガス性状などについて、点検してください。
なお、加速不良やエンジン回転不安定などの異常が発生した場合は、速やかに整備工場等に入庫し、点検と必要に応じて整備を実施してください。
Q11. バイオディーゼル燃料製造に当たって消防署に届出が必要ですか?
製造量などによって必要になりますのでご相談下さい。消防申請の代行も行っております。
Q12. バイオディーゼル製造装置の操作は簡単ですか?
2日間の精製実地指導がありますので大丈夫です。
Q13. 指導の後自分で作ったバイオディーゼル燃料の品質が心配ですが・・・?
簡易的な品質分析キットを用意していますのでご利用ください。また格安で品質分析サービスを実施していますのでご安心ください。品質に問題がある場合はアドバイスさせて頂きます。

biomassjapan
バイオマス・ジャパン株式会社 Biomass Japan Inc.
【本社】 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-52-8 大河内ビル9F BDF事業部 TEL:03-6912-8101 FAX:03-6912-8103
Copyright © 2011 Uchida of Biomass Japan Inc. All rights reserved.